ブライトエイジの有効成分「グリチルレチン酸ステアリル」とは?

ブライトエイジ』はエイジングケア効果のある医薬部外品。
ブライトエイジのライン、「ブライトエイジ洗顔料」と「ブライトエイジクレンジング」の有効成分として配合された成分である「グリチルレチン酸ステアリル」。

 

 

「グリチルレチン酸ステアリル」は、生薬として有名なマメ科の植物であるカンゾウ(甘草)の根に含まれる有効成分「グリチルリチン」の誘導体です。甘草は、薬用植物として有名で「生薬の王」とも言われています。
「グリチルレチン酸ステアリル」は、グリチルレチン酸をオイル成分に溶けやすくしたものです。
グリチルレチン酸には、高い抗炎症(炎症を抑える)効果や抗アレルギー作用があり、ニキビケアでも人気の成分です。

 

「ブライトエイジ洗顔料」と「ブライトエイジクレンジング」の医薬部外品の有効成分として、「グリチルレチン酸ステアリル」を配合し、皮膚の清浄、にきび・かみそりまけ、肌あれを防ぐ効果があります。
ブライトエイジ トライアル ブライトエイジ トライアル